スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【DQライバルズ】無課金初心者に超おすすめ「トルネコ種付けプレス」バフバフデッキについて詳しく!

スポンサーリンク
Uncategorized
【DQライバルズ】無課金初心者に超おすすめ「トルネコ種付けプレス」バフバフデッキについて詳しく!



無課金、微課金でも実現可能な「トルネコ種付けプレス」デッキ、いわゆる種でバフバフしまくるトルネコデッキについて詳しく見ていこうと思う!参考になれたら幸いです。過度な期待はしないように!

「トルネコ」デッキの仕組み

トルネコ「商人」のリーダーの特徴は、テンション三段階で宝箱から入手できる「たね」が非常に重宝するという戦い方になっています。

「トルネコ種付けデッキ」に要となるカード

・つちわらし
➔初回ターン終了後に能力をそのまま反映した「つちわらし」を前後に召喚


・超ちからのたね
➔力+2/1コス/貫通


・覚醒の果実
➔力+3/体力+3、手持ちカードが6枚以上なら5コス➔3コス


・成長の果実
➔1コス/体力+2/におうだち付与

・オーシャンクロー
➔このカードに特技カードを使うごとに力+1/体力+1


・召喚時や死亡時に道具カードorカードが引けるユニット
➔わらいぶくろ/クックルー等


・いかづずちの杖
➔貴重な横列を攻撃できる商人カード、+4攻撃/4コス)


・かなしばりの杖
➔縦列に次ターン攻撃不可能にする


・マジカルハット
➔他ユニットに付与された特技の恩恵をそのまま受ける

ちょっとレアになりますが「あらくれ呼び」「キラーマジンガ」「リッカ」なども手持ちカードとしておすすめになります。

今回は無課金/微課金プレイヤーに向けて「トルネコ種付けプレス」デッキの説明をしているので省きます。リセマラで頑張るか、使わないレア以上のカードを分解して錬金するか思い切って課金しましょう!ついでにワイは「リッカ」ちゃんに種付けプレスしたいやで!!





「トルネコ種付けプレス」デッキの戦い方【基礎】

■まず最初にテンションを溜めて宝箱を開ける
すると3枚の能力を持つ種カードが貰えて一気に手持ちカード+3になります



■序盤は1コス~2コスのユニットモンスターを召喚する
➔わらいぶくろ、クックルー、サーベルきつね、ねこまどう等


■召喚時や死亡時でカードを増やせる低コストモンスターで固める
➔低コストモンスター「つちわらし」に種カードを使用してガチガチに強くするのも有りです。


ターン終了後に同じ能力を持った「つちわらし」の量産が可能になります。


しかし、トルネコ種付けプレスデッキの知識がある人は真っ先に潰しにかかってくるので、低コスト「におうだちユニット」を召喚しておくか、商人カード「かなしばりの杖」等を活用して「種付けつちわらし」を守る必要があります。


■種カードの効果を発揮できるユニットを場に出す
「オーシャンクロー」を始めに「マジカルハット」「トドマン」のような、種カードを使うごとに能力が上昇するユニットを使い始めましょう。

オーシャンクローの恩恵を最大限活かすことができると、このような戦況へ持ち込むことが可能です。

基礎的なトルネコ種付けプレスの戦い方が理解できたかと思います。


言うまでもなく、序盤に活躍できる「におうだち」や、中盤以降のちょっと固めの「におうだち」ユニットを駆使して、種付けプレスしたいユニットを守っていく必要が生まれるのでそこは各自で経験値を積んでいってください!

種付けプレスをするタイミング

カードを召喚しただけなのにコスト消費をケチって速攻が付いてない(すぐに攻撃できない)カードに種付けしたりすると、プレイヤーのヘイトがそのカードに集中してしまいがちです。



「におうだち」などの盾役となるカードの体力を上げる分には召喚時から使用しても大丈夫ですが、ちからを上げる時は気をつけたほうが良いでしょう。

以上、「トルネコ種付けプレス」デッキを目指してる無課金、微課金プレイヤー向けの記事でした。おわり!

DQライバルズ関連記事

ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ
The following two tabs change content below.
𐏎𐎷𐎻

𐏎𐎷𐎻

199X年11月27日生まれ。いて座AB型Rhマイナス。三次元に嫌気が差し十年ほど前に二次元へ極振りした結果、このようなブログが誕生。趣味日記を更新。お問い合わせは「当ブログについて」を御覧ください。<<当ブログでは赤十字団への献血・寄付を応援しています>>

コメント

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました