スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「ヴィンランドサガ」19話感想 トルケルとアシェラッドが従士になる展開が最高に面白すぎる

スポンサーリンク

一時的な共闘だけじゃ済まなさそう…





1話からヴィンランドサガ切らずに、ずっと見てきたけど…

感想というチラシの裏に書くような文字だけでは言い表せないほどクッソ面白いアニメだったから序盤の話から書けずにいたけど、もう純粋に面白いしこのアニメの感想を書きたいという想いも相まって更新するんだけど、有無を言わせないほど単純に面白いんだよね。

王子がモノを言える存在になりえるかどうかを見定めていたアシェラッドもそうだし、死ぬ寸前まで真相を語らずにいたラグナルのこの隠しキャラ感というか、今までモブとしか見ていなかった存在が急にキャラ出してくる感じとか…

ただ戦士として戦いたかっただけのトルケルの闘志を、トルフィンとトルケルの部下らにへし折られてるちょうど勢いが静まった時に現れるクヌート殿下の饒舌さw

アシェラッドが「ラグナルは私が殺しました」と自白したこの潔さ!

クヌート殿下がトルケルに「戦士なら潔く負けを認めろ」と言ってたけどそこらへんはアシェラッドのほうが軍配が上なんだって感心もしたしね

トルケルの部下らがきちんと付いてくるのか不安でもあるけどトルケルが右向け右!って言っちゃえばそれに従うほか無いだろうから安心なんだろうが…

クヌート殿下一派の今後の行く末がすごく気になります!

関連記事

The following two tabs change content below.
𐏎𐎷𐎻

𐏎𐎷𐎻

199X年11月27日生まれ。いて座AB型Rhマイナス。三次元に嫌気が差し十年ほど前に二次元へ極振りした結果、このようなブログが誕生。趣味日記を更新。お問い合わせは「当ブログについて」を御覧ください。<<当ブログでは赤十字団への献血・寄付を応援しています>>

コメント

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました